スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ移転のお知らせ 
新しいブログのURLです。
今後もよろしくお願い致します。

http://blog.livedoor.jp/erosqueen/

スポンサーサイト
フェザータッチ 
白いフリルのランジェリーに身を包んだ女の子。
でもその子のあそこにはペニスというクリトリスが付いている。

激しく男を抱くのは好き。
でも優しく抱くのも好き。

貴方はとても敏感だからフェザータッチでくすぐるように愛撫するわ。その方が貴方は良い声で鳴くから。

キスをするように尖らせた唇で貴方の乳首を撫でる。
やがて貴方は恥じらいながらも喘ぎ声を漏らし、それを聞いた私は興奮を覚えて舌先で乳首を舐める。

でも性急に激しく舐めたりはしないの。
あくまでも優しく。舌先が触れるかどうかのフォザータッチで貴方の固く立った乳首を撫で回す。

たまにチュッとキスをするように吸い上げて、それでますます固くなった乳首を舌先でプルプルと震わせる。

それから手で貴方の太ももを撫で回す。これもフェザータッチでゆっくりと、上下に行ったり来たり。足の合間やクリトリスにも指先を躍らせる。貴方が早く触って欲しいところをそらしながら、焦らしに焦らして。

貴方はこうされるのが好きよね。
白いレースの下着に淫らなシミが付いてしまったわよ?
いけない子ね。下着を付けているのに割れ目から溢れるほど滴らせて。

◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯

"男は女を抱いて女は男に抱かれる。"

それは一般的な常識なのかもしれないけど、私みたいに抱く事で感じる肉体を持っている女性って私の他にもきっといるわよね?

ランキングに登録しています。下のバナーをクリックして下さいね。
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ にほんブログ村

快楽は開発される 乳首編 
「乳首はくすぐったいだけだよ」

出会った頃にはそんなことを言っていた男性がいた。
でも私はこう答えた。「乳首を刺激し続けると感じるようになるのよ」

実際のところ、感じるようになる人もいれば、感じないままの人もいる。
けれどもその人は感じるようになった。
私が会う度に乳首を転がしたりつねったりして、「あら、今日はこんなに硬くなったわね。感じるようになったんじゃない?」等と暗示をかけるようにしたら。

そして数カ月後には、ただの飾りでしかなかった小さな乳首は大きくなり、私がいきなり背後から手を回して乳首をクリクリと転がすだけで「ああっ」という声をあげるようになった。

「いやらしい声ね」
「いやらしくしたのは誰ですか……」

普段はまったく恥じらったりしない男が恥じらう姿はとても可愛い。
私はそれに刺激されて(濡れて)、その男がもっと感じる乳首になれば良いと願いながら乳首へのいたずらを執拗にする。

「乳首が気持ち良いのは嫌いじゃないでしょう?」
「まあね」
「気持ち良い楽しみが増えて良かったでしょう? どうせなら乳首だけでイっちゃうような淫乱な女の子みたいになっちゃおうか」
「困るよ」

困るなんて言いながらも私にされるがままな貴方はとても可愛いわ。

たまに思うけど、こうして感度を上げる調教をしていくと、実は女よりも男の方が敏感になっていやらしく悶えるような気がするわ。前立腺によるドライオーガズムにも同じことが言えるけどね。

☆弄られたり舐められたり吸われたりすると乳首は本当に大きくなります。そして感度が上がります(*^_^*)

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ にほんブログ村
ランキングに登録しています。上のバナーをクリックして下さいね。

髪を切りました 
髪を切ってきたわ。
でも10センチ以上切ったのにまだ胸の下まであるなんて、どれだけ長かったのかしら?(笑)

20150329-0.jpg

私を気に入る人のほとんどはナチュラルな長い髪の女が好きな人。
染めていない黒で、パーマをかけていないストレート。

以前、飲んでいる時にこんなことがあったわ。

「長い髪ですね。」

と言われたから私は笑って、その男の頬を自分の髪でくすぐったの。「こんないたずらをする為に伸ばしているのよ」と言って。

そうしたら後日、その男は私にメールを寄越したわ。「あの時の感触が忘れられない」って。

女の長い髪フェチだったのかもしれないわね。
私のいたずらで自分のフェチ性に目覚めたなら何より。新しい快感で人生をより楽しく過ごして欲しいわ。

ランキングに登録しています。バナーをクリックして下さいね。
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ にほんブログ村

いつの間にか満開 
数日前まで一分咲きだった桜がもう満開でした。

20150328.jpg

この週末にお花見に行かれる方は多いのでしょうね。
私も行きたいわ。
賑やかに飲める所にも、静かに桜を眺められる所にも。

一緒に楽しんでくれる人がいるなら、その人を桜の木に壁ドンして差し上げるのに。
私が酔うと責め上戸になってしまうから。

良いわね、お花見。
心身ともに悩ましく潤いたいわ(*^_^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。